大人になってから異性の友達を作る方法って存在するの?お互いに気をつければ簡単に作れます!

シチュエーションごとの出会い

今回は異性の友達が作れる方法は何か?それについて徹底的に紐解いていきます!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

→PCMAX公式サイト【18禁】を見てみる

あなたも普段は同性の友達同士で遊びに出かけたり、一緒に過ごすことだと思います。

が、異性の友達と遊ぶのはちょっと話が変わってきます。

誰もが小学生の頃のように全員純粋な友達として遊ぶとはならず、大人=社会人や既婚者になると難しくなってきます。

中には「異性の友達と2人きりで遊ぶのはありえない」という意見さえあります。

それは当然のことであり、異性を恋愛対象として意識する年頃になると、交友関係は主に同性に絞られてくるのは自然の流れです。

しかし、エロとかセックスなど嫌らしい気持ちなしに「異性の友達が欲しい!」と思う時だってあると思います。

同性同士の友情も時には疲れますし、男女関係無しに一緒にいて気遣わず楽な相手と過ごしたくなることもあるでしょう。

が、どうやったら異性と健全な友情関係を持つことができるのか?

普通の男女が出会って交流を持つと、そのほとんどが恋愛絡みになってしまいます。

彼氏彼女の作り方はカンタンですが、あなたも普通の男女の友達作り、これには苦労していると思います。

そこでどうすればカラダの関係やエロ無しの健全な異性の友達を作ることができるのか?真っ当な異性の友達が作れる場所を徹底解説します!

出会いタイ子
出会いタイ子

これって本当に難しいのよね。みんなすぐに大人の関係になろうとするし…コツがあるのかしら?

チンチー
チンチー

もし本当に異性の友達が欲しいなら守るべきルールがある!まずはこれを知るべきアルね。

異性の友達とカラダ関係なしで仲良くやるには?

異性の友達がもしできたとしても、行動を誤ると人間関係がややこしくなってしまうことになりかねません。

たとえば、友達になった異性と2人で遊びに行くということになったとき、相手に恋人がいないかどうか、もしくは恋人がいたとしても許可を得たかどうかを確認するべきです。

なぜかといえば、大人になってからの異性の友情関係は周囲の人に誤解されやすいためです。

もし恋人に対して何の説明もなく異性と2人で出かけたことが発覚したら、間違いなく不信感を買います。

そうすると何が起こるかというと、最悪の場合、近場の人間関係のコミュニティーで異性の友達と黙って遊びに行った2人の「不貞行為」の噂が流れて人望を失う可能性があるのです。

また、もしお互い恋人がいなくてフリーだとしても、遊びに行く場所やお互いに対する距離感についても気をつけるべきです。

そうしないと、どちらか一方が恋心を抱いたり、性欲をもよおすこともあるかもしれません。

異性の友達に対して気をつけるべきこと、やっていいこととやってはいけないことについて、頭に入れておきましょう。

お互い恋人に行動を秘密にしない

まず、大前提として、異性の友達と出かけるときには、お互いの恋人に秘密にすることは絶対にNGです。

「恋人だからといって自分の行動が規制されるのはおかしい」

「友達と遊びに行くことくらい自由にさせて欲しい」

という意見があるのはもっともです。

しかし、先のことを考えると、恋人の気持ちを考えずに上記のような自分の意見のみ通そうとすると痛い目を見る可能性があります。

そもそも、健全な友達関係の相手と一緒に遊びに行くことくらい、恋人に話したとしても別に問題はないはずです。

「問題はないからこそ話さなくてもいいのでは?」と思うかもしれませんが、ここは相手を不安にさせないための配慮として、「〇〇さんと遊びに行ってくるよ」と断りを入れてもいいでしょう。

もしかすると、恋人が嫉妬深いタイプの場合「行かないで!」「なんで2人きりで行くの?」と引き止められたり、関係を追及されるかもしれません。

この時の正解の回答は、その恋人も一緒に遊びに誘ってしまうこと。

本当にその恋人が遊びについてくるかどうかは別として「やましいことは決してしない、するつもりがない」という誠実な態度が必要なのです。

また、異性の友達と遊びに行く時に自分の恋人も連れて行く必要は必ずしもありませんが、その友達を恋人に紹介をすることは必要かもしれません。

もし自分の恋人が、自分が異性の友達と会っていることを不安がっているのなら、信頼を回復するまで説明してあげるといいでしょう。

異性の、女友達や男友達という存在が成り立つのは、「お互いに全く性的な興味がない」ことが大前提。

その友達が、自分の恋人にとっての敵ではないことを示しましょう。

そうしないとずっと不安を抱えたままにさせてしまうので、誠意を持ってその恋人を大切にしたければ誤解のないようにしましょう。

ちなみに、たまに別れた恋人とも友達関係を継続するという人もいますが、はっきりいうとどうしてもふしだらな関係であることからは逃れられません。

一度体の関係を持った相手とは、たとえ別れてから仲良くなり友情を持ったとしても、過去は「そうではなかった」と物語るでしょう。

お互いに恋愛対象として意識したことがあったり恋人関係だったなら、もう一度その熱が上がる可能性はゼロではありません。

なにより、現行の恋人にとっては、恋人の元恋人という存在はまだ関係が切れていないと分かれば脅威でありストレスの原因になります。

一度恋人関係が終わった相手とは距離を置くことが一番シンプルな方法です。

異性の友達はできる限り、過去も未来も「恋愛関係に発展する可能性がない」相手を選びましょう。

やましい考えは捨てること

異性の友達と交友関係を作る上で避けるべきであるのが、その異性の友達と過ごしているときに「なんだかやましいことをしているのではないか?」という感覚を覚えること。

もしくは、その相手に対してムラムラしたり恋心を抱くこと。

自分や相手に恋人の存在がある時は、特に気をつけなくてはいけません。

その上で「やましいことをしている」感覚になるということはすなわち、まだ自分の中で実感がないとしても「浮気」の一歩手前まで来ているということです。

そういった感覚を覚えた時点で、その相手との「友達」という関係は崩壊寸前だと思いましょう。

異性とのクリーンな友情を保つには、お互いに「この相手とは絶対に何も起こらない」という確信、またはそうしようとする固い意思が必要です。

恋愛対象として意識されていない相手に対して派手にアプローチをかますのは失礼なことですし、「この人は友達だ」と決めたなら、お互い恋人がいないフリーの間柄でない限りはそれを貫き通すべきです。

下手に恋心を抱いてしまうと、セフレのようになる可能性すらあるでしょう。

もしくは、前に話題になった添い寝をする友達である「ソフレ」といったグレーな関係も、周囲の人間からすればセフレ同様に思われてしまいます。

人間関係は「自分たちだけ納得していれば良い」というのはなかなか難しく、周りからの印象や影響も考えなければならないのです。

異性の友達とは遊ぶ場所をよく考える

異性の友達と遊びに行くスポットも、置かれている状況によっては慎重に選びましょう。

どんなときでも自分か相手、もしくはお互いに恋人がいる場合、異性と交友関係を保つことが難しい局面になることがあります。

が、恋人がいるのに異性の友人とデートスポットのような場所に2人きりで出かけるのはNGでしょう。

たとえば、ディズニーシーや水族館などのロマンチックな雰囲気になりがちな場所には、恋人を置いて異性と2人きりで行くのはやめましょう。

恋人がそういった場所が苦手で一緒に来られない、などの特別な理由があれば、恋人に伝えた上で遊びに行くのも良いかもしれません。

そういった特別な理由がない限りはおすすめできません。

また、車内に2人きりになるドライブカラオケで遊ぶことも、恋人にとっては避けてほしいシチュエーションです。

とにかく、恋人を差し置いて、異性の友達と「恋人同士」であると勘違いされるシチュエーションは避けた方が無難です。

ホテルや自宅では遊ばない

最もやってはいけないこととは、恋人のいる異性の友達と泊まりがけで遊ぶことです。

大人の友達同士なら、一緒に飲むことだってあります。

その時に終電を逃すなどで家に帰る手段がタクシーくらいになってしまったら、お互いのどちらか家が近い方に泊まらせてもらったり、友達同士でも入れるホテルなどを取ることもあると思います。

宅飲みだった場合、「なんなら家に泊まればいいや」と、時には終電の心配もせず飲み明かすこともあります。

しかし、それは恋愛対象ではない同性の友達に限定されること。

異性の友達とは、一線を超えてしまいそうなシチュエーションは絶対に避けましょう。

「この人とはお互いに全然タイプじゃないから大丈夫!」と豪語する人でも、酔っ払った勢いで一晩過ごしてしまい、いつの間にかベッドに入ってたパターンも全然ありえます。

特に酒が入っていた場合は判断力が失われ、男女の間では何が起こるかわかりません。

友達同士と認識していても、恋愛対象の性別同士であるなら、大人として相手と決して一線を超えないような配慮が必要です。

どちらか一方にでも恋人がいる場合は、異性の友達と泊りがけで遊ぶのは最悪です。

「いや、単なる友達だから!なんもないから!」と納得してもらっていたとしても、泊まってことに対して怪しいと思わない男女はいません。

彼氏は嫉妬に狂うに決まっていますし、彼女には絶対に信用してもらえないのは明らかです。

異性の友達を恋愛対象外の同性の友達のように扱うことは無理があるので、超えるべきではない一線からはお互い身を引くようにしましょう。

異性の友達との正しい距離感は

異性の友達とは、どのような距離感を保つのが正解なのか?

近づき過ぎても周囲の人の誤解を招き、人間関係を複雑化させるかもしれません。

かといって仲が良いのに異性だからといって付き合いをやめてしまうのは、なんだか意識し過ぎているようで逆におかしいように感じます。

人間関係に水を差さず、かつ交友関係を続けることのできる異性の友達との距離感とはどのようなものか?

普通に友達としての付き合いなら、

  • グループで遊んだり飲みに行く
  • 2人きりでご飯や飲みに行く
  • どこか旅行をする

などが考えられます。

これは基準が人によるのでなんとも言えませんが、世間一般的に友達以上の関係と認識されるのは何度も2人きりで遊ぶことでしょう。

何度も2人きりで飲み歩いたり遊んでいたら、周囲からそういう目で見られてしまっても不思議ではなく、お互いに何かと気持ちが芽生えることだってあります。

また、カラダの距離感についても同じように考えてみましょう。

  1. 一切お互いの体に触れない
  2. 軽く触れる程度のスキンシップ
  3. 肩を組むなど、胴体が触れる
  4. 手を繋ぐ
  5. 抱き合う
  6. 同じベッドで寝る

一切お互いに触れないのも極端ですが、異性の友達でありたいなら軽く触れる程度のスキンシップが限度のように思えます。

恋人がいる場合はそれすら禁止されていることもあります。

恋人によっては異性の連絡先すら全消しさせるくらいの人がいますからね。

何のやましいこともないただの友達関係だとしても、自分の恋人を自分以外の異性がベタベタと触るのをみて喜ぶ人はいません。

異性の友達に対しては、身体的に距離感を取った方がさまざまな問題を回避することができます。

たとえば、添い寝をするだけの異性の友達という「ソフレ」を持っている相手と恋人関係になって、健康的なメンタルを保ちつづけられるかというと難しいのではないでしょうか。

幼馴染や腐れ縁など、お互いに絶対に恋愛に発展することはないと思っても、性的な感覚をもたらす可能性のある行動は全て避けた方が良いです。

また、メールやLINEのやりとりを続けるくらいは何の問題もありませんが、あまりにも友達を優先して恋人を放っておくと、またややこしいことになりかねないので注意が必要です。

どこからが「浮気」になるの?

異性の友達とつるむとき、気を使うべきことといえば、恋人の存在です。

お互いフリーであればさほど距離感が近くても問題はないかもしれません。

それでも自分や相手に片思いをしている人がいたり、これからできるであろう恋人にとっては、異性の友達というのは敵でしかありません

恋人がいるとき、異性の友達とあまりにも近い距離感で過ごしていると、「浮気なのではないか」と追求されることもあるでしょう。

しかし、どこからが「浮気」ということになるのでしょうか?

一般的には、肉体関係を持てば確実に浮気とされています。

肉体関係とは性行為であり、キスや愛撫も含まれます。

お互いにモノガミー(一夫一妻制、また一度に1人とだけ恋人関係を持つ)であるとき、恋人がいるのにほかの異性にキスをするのは間違いなく浮気です。

また、人によっては、自分の恋人が誰かほかの異性と2人きりで出かける事も浮気だと考える人もいます。

そういった「浮気のボーダーライン」に関する感覚はその人次第なので、自分の恋人がどのくらい異性の友達との関係性に寛容であるかによるでしょう。

たとえ「この人は友達で、絶対に変なことは何も起こらないから安心して」と言ったところで、少しでも恋人が不安がるなら、交友はグループでし、2人きりになるのは避けた方がいいと思われます。

恋人の存在が大切なら、その人の精神衛生を乱さないように配慮してあげましょう。

異性の友達はどうしたらできる?

ここから、異性の友達の作り方について考えていきましょう。

まず前提として、「決してお互いが異性としてタイプじゃない」ことが重要です。

見た目などで少しでも「いいな」と思う時には、「異性の友達」から「恋人候補」として相手を見てしまうことがないよう、心が揺らがないように気をつけなくてはいけません。

昔から近所づき合いのあるようないわゆる「幼馴染」という存在が、想像の範疇にある「異性の友達」の典型例なのではないかと思われます。

地方から上京するなどして顔を合わせていない時期が長くなったとします。

お互いに大人へと成長したり、異性として魅力的になっていくなど、「見ない間に綺麗になった、男前になったな」といったギャップで恋愛意識が生まれることもあります。

異性の友達という関係は付かず離れずでちょうどよく保たれるのかもしれません。

離れていた期間が長いと再開した時に「意外と良いかも?」と感じることもあります。

幼馴染という選択肢がなくても、イベントや趣味などといった共通の好みを通して知り合う相手が、異性でも友達として仲良くなれる可能性が高くなります。

一般的な「出会いの場」である街コンなどは恋愛目的で参加する人がほとんどのため除外するとしても、社会人サークルの会員同士などといった関係なら異性同士でも友達関係になれる可能性があります。

しかし、イベントや習い事には時に恋愛の出会いを期待してやってくる人もいるので、出会う相手がそういうタイプかどうかを見極めなくてはいけません。

ただしどんな状況でも異性の友達が欲しいなと思ったら、あらゆる場面でモテたい願望は抑えた方が良いでしょう。

純粋に「友達」が欲しいのに、男性として女性として魅力的に振る舞いに行くのはやや矛盾を感じます。

セフレではなく単なる「異性の友達」が欲しいのなら、あまり自分を異性として意識させるような行動は控えるようにするべきかも。

異性の友達は、いくら仲がいいとしても、ある程度距離感を保っておかないと人間関係をこじらせる原因となりかねません。

注意点が多く、友情が成り立っても長く保つ保証のない、儚い関係性になることが多いでしょう。

恋愛対象として意識をしていない相手からそのように意識されるのは大変気まずいものですから、自分も相手にも気を使わないといけなくなります。

そのため、もし相手が一瞬でも男女関係を匂わす行動を取ってきた場合、その友情関係は終わりに一歩近づいたということになります。

そうなると、もし同性の友達に話せない悩みや話題があったとき、共感を得られる異性の友達は候補が多い方がいいのかもしれません。

今の時代、簡単にいつでも出会いを求められるスマホアプリがあります。

このスマホアプリで恋愛対象ではなく異性の友達を作ることは可能なのでしょうか?

これらの注意点や疑問を含め、異性の友達を作る方法やその相手がいそうな場所について考えてみましょう。

いわゆる幼馴染という存在

「異性の友達が欲しいな」と思った時、まずはすでに自分と知り合っている人の中から、異性の友達として交流のある人がいないかどうか思い浮かべてみましょう。

もしかしたらすでに異性の友達と呼べる存在が身近にいるかもしれません。

たとえば、昔から知り合いの幼馴染です。

両親の友達のつながりで昔一緒に遊んでいた異性の友達がもしいて、未だに連絡を取り会えるなら、たまに飲みに行くくらいの交流はできるでしょう。

一般に友達といっても、家族ぐるみで付き合いのある友達はそれほど多くはないでしょう。

しかし、幼馴染といえる存在でお互いの両親の仲が良いなら、お互いの家族についての相談事などをする相手としてはぴったりかもしれません。

「家族ぐるみである」「昔から交流があった」というのは、お互い恋愛感情を向けない異性の友達としては相当なプラス要素です。

お互いに間違いが起こって不快な思いをさせると問題が大きくなりますからね。

もしあなたにそういった幼馴染的な存在がいたのであれば、知り合いの結婚式や法事などで顔を合わせた時に話をしてみるのもいいでしょう。

恋愛対象ではないことが大事

幼馴染という関係は、大抵の場合はお互い恋愛対象としては外れているものです。

しかし、思春期の時に交流が途絶えたりなどすれば、久しぶりの再会をきっかけにお互いを無意識に恋愛対象として考えてしまうことだってあります。

そうしてお互いを批評しあった結果、コイツは無いなと思えば異性の友達という関係が成り立つので無問題です。

しかし、どちらかが恋愛対象として「いいな」と思ってアプローチをかけるようなら、その幼馴染は異性の友達として相応しくはないでしょう。

「友達として」という前置きを前提としていなければ、異性の関係は複雑化することがあるということは胸に刻んでおかないといけません。

友達だと思っていた相手に恋愛のアプローチを受けることは思っているよりショッキングです。

逆にいえば恋心を抱いた相手に、完全に友達だと決め付けられるのも辛いものです。

お互いのことを「友達」と思っていてこそ成り立つ関係です。

自分が相手のことを意識していなくても、相手に恋愛対象として見られる可能性が少しでもあれば、できればその交友関係は休止して距離をおいた方がいいかもしれません。

「異性の友達」は一般にあまりべったりと近い関係ではなく、たまに会う程度が最も居心地が良く、トラブルも起きにくいでしょう。

イベントや趣味を通して異性の友達を作る

友達作りや誰か交流をしたいときには、自分の趣味をきっかけにするのが一番です。

フェスやクラブは友達作りというよりは恋愛対象との出会いがメインとなってしまいますが、もっとマニアックな趣味であれば異性でも友達として付き合いやすいかもしれません。

趣味の付き合いというのは、その趣味が真剣なものであるほど恋愛よりもやりたいことにシフトするものです。

そのため、始めたらすぐにできるものよりも、ルールや技術をある程度時間をかけて理解するものが良いです。

たとえば音楽ならライブやフェスなど単に聴くものよりも、自分が楽器を演奏する側になれば話は変わります。

真剣にやれば異性同性問わず知識や技術の情報交換をきっかけに、良い友達ができるのではないかと思います。

専門的な知識や技術を学ぶ場で得た交友関係はのちに仕事のつながりになったりもしますし、それぞれが趣味に真剣で恋愛は面倒くさいし不要と考えてる人も多いので、実は異性の友達をつくりやすいのです。

ただ、そんな趣味の場にも異性との出会いを求めている、いわゆる出会い厨はいます。

出会い厨はどこにでも潜んでおり、お互いの素顔の見えないオンラインゲームの中にもいるくらいなので、ある程度期待値を低くして臨んだ方がいいでしょう。

モテようとしないこと

どのような場でも、恋人ではなく異性の友人が欲しいのだとしたら、自分が最大限気をつけることができることといえばモテようとしないことです。

同性の友達との間で、お互いが気を許した友達だと認識している以上、色目を使ったりはしないと思います。

異性の友達相手でも、異性としてお互いの気を引くようなことはしないようにしましょう。

たとえば、その異性の友達と遊びに行ったり飲みに行くときには、彼氏や彼女とデートをするような気合の入った格好で行くのは避けましょう。

また異性の友達相手にいわゆる「モテテク」のようなものを使うこと、たとえばボディタッチをしたり、恋人のように世話を焼くなどもやめておきましょう。

友達同士なら基本的には自分のことは自分でやるべきであり、異性の友達ならなおさらです。

ちょっと前にも書いたとおり、カラダの距離感についても気を遣いましょう。

年頃や性格によってはついついモテを意識してしまうという人もいるかもしれませんが、そういう時期には異性の友達を作るというのは向いていないのでしょう。

恋愛が面倒くさくなってモテるのがどうでもよくなり、男女関係なしに幼稚園児の頃のように遊びたい!といったような気持ちになったらいいのかもしれません。

引き際をわきまえよう

男女の友情においては引き際」をわきまえてください。

ときに、自分が意識をしていなくても、出来る限り気をつけていたとしても、異性の友達だと思っていた人に恋をしてしまったり、逆に恋をされてしまうということもあり得ます。

もしもそんな状況におちいってしまった場合、その友情をキープするのは難しくなります。

友達相手に恋愛感情を抱いてしまうと、その友情は限りなく崩壊に近づいていくのです。

そうなってしまうと、しばらくはその友達と会うのは控えた方がいいでしょう。

友達だと思っていた相手に恋愛感情を抱かれるというのは、良い気分ばかりではないのです。

相手に気をつかう意味でも、友情の隙間から恋愛感情が起こったときには、一度身を引くことをオススメします。

そこで友情を壊したくないからといって気持ちに蓋をして無理をして関係を続ける、というパターンもあるかもしれません。

しかし、自分の気持ちを裏切り続けるのは大変なストレスになりますし、長続きはしないことは明らかです。

そうして我慢をしているうちに、もし相手に恋人ができてしまったら?あなたは余計に辛い思いをするだけです。

もし自分が異性の友達相手に恋をしてしまったと気づいたなら、しばらくその相手と離れて頭を冷やしましょう。冷却期間というものです。

それでも恋心が冷めなかったら、いっそのこと相手に気持ちを伝えてしまったほうが、気持ちに区切りをつけて再スタートを図れるのではないかと思います。

友達が何も言わないのに急に距離を取られると「何かしてしまったかな」と不安になるものですし、気持ちに正直でいるのはお互いのためです。

勇気を出して「好きになってしまったからもう友達として会うのが辛い」と、正直に打ち明けましょう。

マッチングアプリで異性の友達を作る方法

マッチングアプリには恋愛の出会い以外にも色々と種類がありますし、恋愛の出会い用のアプリでもごくたまに異性の友達が見つかることもあります。

しかし、マッチングアプリを使う上で気をつけなくてはいけないのが「ヤリモク」「メシモク」の存在!

特に男性ユーザーで「異性の友達を作ろう」と思っている人は希少な存在であり、ほとんどの恋愛マッチングアプリでは異性の友達ができることを期待しない方がいいでしょう。

あらかじめプロフィールに「友達が欲しい」ということを書いておくことである程度はヤリモクの存在を避けられるかもしれない、と思うかもしれません。

しかしこれすら「セフレ募集」だと勘違いされる可能性が高いのです。

男性から女性に「友達として遊んだり飲みに行ったりしてください」というパターンがあれば成功することがある程度あるかもしれません。

反対に女性はマッチングアプリで男性の友達ができることは稀です。

恋活・婚活アプリでは探せない!

巷では婚活アプリのブライダルネット、あるいは恋活アプリのpairs(ペアーズ)やOmiai(オミアイ)があります。

これらはのアプリは、恋愛または結婚を前提に出会いを求めている人しかいないので、異性の友達を作るには全くの不向きです。

友達っぽく振舞う異性はいても、それは演技でワンナイトで終わらせようとしている人間も非常に多いです。

その他アプリも検索すると無数にヒットしますが、なかには暗黙の了解で「友達=セフレ」の出会いを求めている人もいるので、こういったアプリの利用は全てにおいて注意が必要です。

相手の姿を見ないならアプリゲームで友達を探すのも流行りです。

最近なら荒野行動というゲームが男女間の友達作りに一役買っているそうです。

恋人探し目的の人もいますが、オフ会で直接出会わない限りは異性の友達関係を長く続けられそうです。

なかなか作ろうと思って異性の友達を作るのは難しいことですが、心がまえさえあれば不可能なことではありません。

まとめ!大人になってからの異性の友達は貴重!

社会人になってからは特に、まともな異性の友達ができるのはなかなかにレアです。

人の性質にもよりますが、あなたが異性から見て魅力的だったり、恋愛体質的なタイプであれば異性の友達作りは難しくなるでしょう。

異性の友達とはある意味、彼氏彼女よりも作るのが難しいです。

いつお互いに意識するかわかりませんし、自分たちはなんとも思っていなくても、周りからは「付き合ってるのかと思った」などと茶々を入れられることもありますからね。

そんなことが起こらないためにも、異性の友達を作りたいなら友達としての礼儀やマナーをわきまえることが何よりも重要です。

チンチー
チンチー

あなたもそれを守れれば、社会人になってもいくらでも異性の友達ができるアル!

ちなみに異性の友達を作るのに、最もオススメな出会い系アプリはPCMAXです。

一見、単なる出会い系アプリに見えるかもしれませんが、逆に出会いたい側の目的がハッキリしているので意外と異性の友達を見つけやすいのです。

いかにもな恋活マッチングアプリや友達作りアプリにありがちな「あわよくば身体目当て」の男性や「メシモク」の女性と当たる可能性も実は低いんです。

何よりユーザー数が出会い系のアプリの中でも圧倒的に多く、老舗なので安心感もあります。

実際にやるかやらないかは別にして、まずは無料登録して中の様子を見てからでも遅くはありません。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

→PCMAX公式サイト【18禁】を見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました